« 被災ローン減免制度(個人版私的整理ガイドライン) | トップページ | 携帯端末代を分割で支払っている場合の滞納にご注意ください あなたの信用情報に傷がつくおそれがあります »

2012年9月 9日 (日)

被災ローン減免制度(個人版私的整理ガイドライン)2

震災で家が流れてしまったのにローンは残った。

この問題に対応するためにできた
被災ローン減免制度(個人版私的整理ガイドライン)の内容を説明する動画を更新しました。

一人でも多くの被災者の方にこの制度を利用していただくために,
以下のとおりyoutubeにアップしました。

多くの被災者の方,支援者の方,自治体職員の方,マスコミの方に広まるよう,
そして方々で動画が再生されるよう,
拡散・宣伝のご協力のほど,よろしくお願い申し上げます。

岩手県版は→ http://youtu.be/7B_wuQMwIbo
宮城県版は→ http://youtu.be/wUzV0x7OrnA
福島県版は→ http://youtu.be/mNTAzFF1XLE


なお,以前のバージョンはこちらです。
http://youtu.be/gRGSIKMboFc

以前のバージョンにつきましては,940回以上の再生がされた現時点においても,
1件の異議やクレームが寄せられたことはありませんし,

個人版私的整理ガイドライン運営委員会の某副支部長からは「一番わかりやすい!」「私が説明するよりも動画を流した方が」とのありがたいお言葉を頂くことができております。


なお,前回のバージョンからの主な変更点は以下のとおりです。

1 いますぐ利用してローンの返済を止めてほしい,という点を強調すると共にわかりやすくするために変更を加えています。
特に,動画の8分40秒頃から始まるスライドに関する説明が重要です。

2 平成24年8月10日付の運用変更に対応しました。
具体的には,残せる財産の拡大,残せる車の範囲の明確化,家計簿2ヶ月分の作成が不要になった点などです。

3 ローンの返済方法の変更(リスケ)をしたから制度を使えないということはないこと,
震災前後で収入に変化がないから制度を使えないということはないこと,
家に被害がなかったからといって制度が使えないということはないことを,
それぞれ明確にしました。

4 事例紹介において,加算支援金が受け取れることを明確にしました。
なお,引用している事例は,個人版私的整理ガイドライン運営委員会が自ら示した事例です。正確性には万全を期しております。

5 被災三県分の動画をアップしました。
どうぞ,各県で自由に広めてください!

6 顔が見えた方が安心する,という声が寄せられたので写真を載せました…。


この制度は,お世辞抜きに良い制度になっています。
もちろん,全てが万事うまくいっているということはありませんし,
私自身現在も苦労している点があります。

しかし,被災者の方の生活再建を力強くサポートできる制度になっていることは間違い有りません。
全員が使える制度ではありませんが,

とりあえずローンを返済

ではなく,ぜひ被災ローン減免制度の利用をご検討ください。

« 被災ローン減免制度(個人版私的整理ガイドライン) | トップページ | 携帯端末代を分割で支払っている場合の滞納にご注意ください あなたの信用情報に傷がつくおそれがあります »